全記事一覧

オススメ婚活アプリはどれ!?機能面・年齢層の基本情報を比較して徹底解説してみた!

マッチングアプリと婚活アプリには、明確な違いがあります。

それは

 

結婚を強く意識しているかどうか

 

です。

結婚願望がある人は、圧倒的に婚活アプリがオススメ!
特に女性で、結婚を考えているなら、気軽に利用できる婚活アプリを使いましょう!

 

今回は、婚活アプリとはどういうものかを解説して、オススメの婚活アプリをランキング形式で紹介していくわよ!

この記事を読むとわかること

  • 最も利用しやすいのはユーブライド
  • 婚活アプリで最も多いのは30代(データあり)

効果的な婚活アプリの選び方

婚活アプリは、複数存在します。
その中でも、自分に合った婚活アプリを見つけたい場合は、下記の手法を使いましょう。

 

1.会員登録を済ませる

2.無料分のいいねを送る

3.1~2日ほど放置する

4.一番マッチング数が多いアプリに課金する

 

まず、婚活アプリでは無料で利用できるコンテンツがあります。
会員登録をした時点で、いいねとマッチングをすることが可能。

無料分のいいねは、アプリによって異なりますが、30~50いいねが妥当。
さらに、ポイントなどを含めると最高70いいね程度は送れます。

 

そして、しばらく放置しましょう。
マッチングするかどうかのチェックになります。

 

1~2日程度放置したら、アプリをそれぞれ確認します。

最もマッチング数が多いのが、あなたに適した婚活アプリになります。

 

マッチングするということは、そのアプリに適したユーザーということですね!

 

ここで、意識したいのは下記の通り。

 

  • プロフィールを固定する
  • 来たいいねはすべて返す

 

まず、どのアプリも均等にマッチングするために、プロフィールはすべて固定しましょう。
それぞれ異なったものにすると、検証ができません。

 

「複数のアプリに登録してるのがバレることはないの?」

 

という不安もあると思いますが、特に気にする必要はありません。
出会いを求めるために、複数のアプリに登録するのはよくある話。

実際、プロフィールに複数利用しているのを書いている人もいます。

 

 

むしろ、婚活に真剣なことをアピールできるので、効果的です!

さらに、自発的にいいねするのも良いですが、相手から来たいいねにも返信しましょう。
総合的に判断して、最終のマッチング数でアプリを利用するかどうか検討すると、自分に合った婚活アプリを選べることでしょう。

オススメ婚活アプリランキング!

婚活アプリには、様々な種類があります。
その中でも、有名どころを今回はランキング形式で紹介していきたいと思います!

 

婚活を検討している人や、婚活アプリの利用を検討している人は必見です。

複数のアプリを利用して、自分に適したものを見つけていくと良いでしょう。

 

今回紹介するのは、下記のアプリです。

 

ユーブライド

ゼクシィ縁結び

マリッシュ

マッチドットコム

 

どれも聞いたことがある有名アプリってところね!

 

出会いやすさや料金設定、年齢層やサービス等を比較しながら、どういうアプリなのか徹底解説していきます!

1位:youbride(ユーブライド)

運営会社 株式会社Diverse
会員数 180万人以上
特徴 成婚率が高い、老舗の婚活アプリ
料金システム 男女一律:4,300円~
目的 恋活・婚活
運営歴 19年以上/1999年~

 

堂々の第1位は、ユーブライドです。

紹介する婚活アプリの中では、最も老舗であり会員数も多いアプリです。
1999年から運営しており、その歴はなんと20年。

 

出会い系という大枠で見ても、かなり歴史があるといえます。
会員数は、180万人以上と、運営歴の割には低め。

 

これは、成婚率が関係しています。
ユーブライドでは、年間多くのカップルが成婚して退会しています。
※詳しくは後述します

 

増加しても成婚退会者が多いから、この会員数を保っているのね!

 

ユーブライドの年齢層・会員層は、下記の通りです。

 

 

まず、男性ですが30代が最も多いです。
全体の30%が30代なので、まさに婚活に真剣な時期の人が多く集まっています。

 

しかし、20代と40代もそれなりに存在し、28%と24%。
そのため、20~40代が満遍なく存在するという印象です。

 

20代でも、25歳以降が多いということから、年齢層が高いことがわかります。

 

顔面偏差値は低く、顔重視で選ぶアプリではありません。
ダンディ系が最も多く、明るい人も多いことから、内面重視の婚活アプリです。

次に、女性会員。

 

 

女性会員は、30代が最も多く42%でした。
男性会員に比べると、10%程度異なります。

 

20代と40代は25%と同等の数存在し、こちらも20~40代の年齢がメインで登録していることがわかります。

 

本来、婚活アプリは30~40代の熟年層が集中しますが、ユーブライドは幅広い年齢層が婚活しているアプリです。
若年層でも出会えますし、早婚希望者にとって適しているという点が、上位にランクインした理由です!

 

女性会員も、顔面偏差値は低め。
地味系の人が多く、顔で勝負している人はいませんでした。

 

男女ともに顔重視ではなく、内面重視で出会う必要がありそうですね。

 

ユーブライドが婚活に適している理由は、下記の通りです。

 

成婚退会者が年々増加している

サクラゼロ宣言の提唱

 

まず、成婚退会者に関してです。
ユーブライドでは、年々成婚が成立しています。

 

2018年の段階で、2442人が退会しました。
組数にすると1221組が結婚していることになります。

 

つまり、1日に3組以上が結婚していた計算になります。
数値としてはかなり大きく、いかに結婚に適しているかがわかるでしょう。

 

ちなみに、年間の成婚者の推移は下記の通り。

 

 

年々増加傾向にあり、徐々に認知度が高まったことが理由として挙げられます。

次に、サクラゼロ宣言の提唱です。

 

 

婚活アプリでは、タブー視されているサクラの存在。
ほとんどの婚活アプリ・マッチングアプリでは、「サクラはいません」と公表している中で、ユーブライドは異なります。

 

悪質な業者が存在することを認め、それを排除するための対策などを公式HPで公開しています。

監視体制が整っているところはありますが、このように実績を公表しているのはユーブライドしかありません。

 

 

さらに、ユーブライドでは業者の特徴を公開しているほど。
存在を認めて、トラブルに発展しないように紹介しているのはかなり好感が持てます。

 

この様に、ユーブライドは優良アプリということがわかると思います。
長い運営歴も、ユーザーと運営の信頼によって構築されているといえるでしょう。

 

婚活もできるし、運営会社もしっかりしてそうだから、安心して利用できそうね!

 

その他、詳しい内容については、下記のページを参照ください。

 

関連記事>>youbride(ユーブライド)で婚活はできる?基本情報から使い方まで徹底解説しました!

 

2位:ゼクシィ縁結び

運営会社 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
会員数 85万人以上
特徴 大手企業が運営、恋活・婚活で利用できる
料金システム 男女一律:3,980円~
目的 恋活・婚活
運営歴 2年以上/2017年~

 

ゼクシィ縁結びは、大手企業のリクルートグループが運営する婚活アプリです。
リクルートグループでは、結婚情報誌のゼクシィを発刊していることから、婚活を真剣に提供しているのがよくわかります。

 

目的は完全に婚活ですが、恋活にも使うことが可能。
人の出会いに重点を置いており、周知されつつあります。

 

運営歴は2年以上と非常に浅いですが、会員数は徐々に増加しています。

 

 

昨年比は280%なので、いかに周知され始めたのかということがわかります。

 

信頼性も高そうだし、登録者が増えるのも納得ね!

 

縁結びの年齢層と会員層は、下記の通り。

 

 

男性会員は、30代が最も多かったです。
その数値は、38%と約4割ということがわかります。

 

次いで20代が多く、36%存在します。

 

40代も20%存在するので、20~40代が中心に登録している婚活アプリです。
いずれも、婚活を意識し始める年齢なので、妥当といえるでしょう。

 

会員層に関しては、明るい人が多め。
おとなしい人も多く、イケメンは一切存在しません。

 

そのため、顔重視で選べるアプリではないようです。

次に、女性会員です。

 

 

女性会員は、男性会員とは若干異なります。
30代が最も多く、全体の46%です。
次いで、20代の40%。

 

40代は少なく、10%しか存在しませんでした。

 

全体の約9割が20~30代ということもあり、女性の年齢層は若いといえるでしょう。
婚活を考えていることを把握すると、ゼクシィ縁結びには早婚希望者が多い印象。

 

結婚情報誌の知名度も高く、若い年齢が多いのも理解できますね。

 

会員層は、地味系が非常に多いです。

 

明るい人やギャル系は、全体の1%未満程度。
美人な女性は多く、顔面偏差値は若干高め。

 

そのため、男性陣は顔でも性格でも婚活を行えます。

 

露骨に美人な女性は、業者の可能性もあるので要注意です!

 

ゼクシィ縁結びが婚活に適している理由は、下記の通りです。

 

AI学習によるオススメユーザー表示

デート調整代行サービス

 

まず、オススメユーザーの仕組みです。

 

ゼクシィ縁結びでは、ユーザーの行動パターンをAIが学習することで、オススメユーザーを紹介してくれます。
”プロフィール検索、いいね、メッセージ”といった行動パターンの中から、オススメユーザーを割りだします。

 

 

年間で、1,460人の異性を紹介してくれるので、出会いの幅が広がります。
さらに、利用すればするほど、学習を重ねてより精度が高くなります。

 

3か月程度使えば、確実に好みの異性を見つけられそうね!

 

紹介された人は、男女問わず無料でいいねを送ることが可能。

 

 

ゼクシィ縁結びでは、AI学習の元でオススメユーザーを紹介してくれるので、根拠があります。
他アプリでは、相手が自分に興味を持ってくれている人を紹介するだけで、相性が良いかどうかはわかりません。

 

そういう意味でも、この機能はかなり利便性が高いといえるでしょう。

 

次に、デート調整代行サービスです。

これは、ゼクシィ縁結びのみが行っているサービスです。

 

 

婚活アプリで、マッチングして仲良くなった人がいるとして、会う約束をしたとします。
しかし、初めて会う人の場合はどういうデートをすればいいかわかりませんよね。

 

そこで便利なのが、デート調整代行。
専用のコンシェルジュが、デートの日時と場所を指定してくれます。

 

主なメリットとしては、下記の通り。

 

デートプランの自動調整

ミスマッチ・ドタキャンが少ない

個人情報が守られている

 

 

デートが決まった際に、”お見合いリクエスト”と送ることで、調整してくれます。
会員なら、利用料は無料です。

 

男女に予定を聞き、調整していきます。
基本的に、コンシェルジュがすべて決めるので、何もすることはありません。

 

一切手間がかからないので、初デートにはもってこいですね!

 

事前に、ライン交換や電話番号交換もしないので、個人情報も保護されています。
さらに、事前連絡なしのキャンセルは原則禁止。

 

度重なると、強制退会させられてしまうので、リスクも高いです。
ゼクシィ縁結びは、男女ともに有料なので、一度デートが成立したら断られることはないものだと思いましょう。

 

その他、詳しい情報については下記のページを参考にしてください。

 

関連記事>>【優良?】ゼクシィ縁結びはどういう婚活アプリ?実態を徹底解説!

 

3位:マリッシュ

運営会社 株式会社マリッシュ
会員数 50万人以上
特徴 再婚希望者でも気軽に婚活ができる
料金システム 男性:月額登録制(2,980円~) 女性:無料
目的 恋活・婚活
運営歴 2年以上/2017年~

 

マリッシュは、業界でも”再婚者、バツイチ”に視点を置いた婚活アプリとして有名です。
運営歴は浅いですが、優良企業が運営しているということもあり、信頼性は非常に高いです。

 

利用目的は、婚活のみになります。
恋活をしている人は少なく、年齢層の高さが大きく関係しています。

 

さらに、再婚希望者が多いという点も、婚活を促進させている理由の一つです。

 

会員数の公表はありませんが、現在では50万人以上の会員数が存在するといわれています。

 

新米婚活アプリの中では多い方ね!

 

気になる会員層と年齢層ですが、下記の通りになります。

 

 

まず、男性会員ですが、特に年齢に大きな差はありません。
最も多いのは、40代であり全体の29%になります。

 

次いで多いのは、20代の28%です。

しかし、30代も23%存在するので、特に変わりはありません。

 

全体的に、どの年齢層もまんべんなく存在するという印象です。
ただ、40代が多い点を考慮すれば、晩年の婚活が増えているということがわかります。

 

会員層に関しては、ダンディ系がメイン。
地味系の人や明るい系の人も多く、性格で勝負しているという印象ですね。

 

顔面偏差値は低めであり、イケメンはほとんど存在しませんでした。

次に、女性の会員層・年齢層です。

 

 

女性会員は、男性会員と若干異なります。
まず、年齢層でもっとも多いのは30代です。

 

全体の34%存在しています。

次いで多いのは、40代で31%です。

 

全体の6割が、30~40代ということがよくわかります。
20代も多いですが、25歳以上の20代後半がメイン。

 

女性は完全無料で利用できることから、他のアプリに比べると20代が多いことがわかります。

さらに、シンママ等もいたので、訳ありの20代が集まっているイメージです。

 

会員層は、平均的です。
最も多いのは、美人系。

 

次いで、地味系が多かったです。

 

男性会員は、顔で選ぶのもいいかもしれないわね!

 

マリッシュが婚活に適している理由は、下記の通りです。

 

バツイチ・シンママに優しいサービス

ライバルが少なく婚活がしやすい

 

マリッシュは、婚活アプリでも唯一バツイチに着眼しています。
本来、婚活では結婚歴というのは隠したいもの。

 

さらに、子供がいる場合は、婚活に消極的になる人も少なくありません。

 

しかし、マリッシュでは公式ページにも記載があるように、バツイチ・シンママでも気軽に婚活ができるようなシステムがあります。

 

 

出会いに積極的になれない人向けに、ポイントの増量や割引などを行っています。
さらに、バツイチをアピールすることができるマークを付与することも可能。

 

10PTで購入することができますが、リボンマークを付与すればバツイチを公表できます。
プロフィールで非常に目立つので、一目でバツイチとわかります。

 

それでも、いいねしてくるということは境遇に理解してくれているということ。
中には、プロフィールで、カミングアウトしている人もいます。

 

 

本来ネガティブな部分ですが、アピールできる時点で優れています。
相手もバツイチなら、同じ境遇なので余計に理解してくれることでしょう。

 

次に、ライバルが少ないという点です。

現在、マリッシュには50万人以上の会員数が登録しています。
全体的に見れば、会員数は少ない方です。

 

ペアーズを引き合いに出すと、1000万人以上会員数が存在するので、約20分の1になります。

 

そう考えると、かなり数が少ないことがわかるわね!

 

数が少ないということは、その分ライバルも少ないということです。
さらに、純粋に出会いたい人からすると、訳ありな人が多いということもあって、慎重な人が多いです。

 

狙い方によっては、即マッチングしてやり取りが開始するような人もいます。

会員数が多ければ、音信不通になったり会えなかったりします。
(ライバルからアプローチが多いため)

 

特に、シンママ・バツイチは、マッチングアプリでは後回しにされがち。
ただ、マリッシュは理解者が多いので、どの人も均等に扱ってくれます。

 

プロフィールに力を入れる必要もなく、少しテコ入れをするだけで返信率も高まります。

マリッシュについての詳しい概要は、下記を参照ください。

 

関連記事>>マリッシュは優良婚活アプリ!基本情報・口コミを知りたい人は必見!

 

4位:マッチドットコム

運営会社 株式会社マッチドットコムジャパン
料金 3,980円~
会員数 187万人以上
特徴 40代が多い、真剣婚活向き
運営歴 15年以上/2004年~
目的 婚活

マッチドットコムは、世界的に有名な婚活アプリです。
世界25か国で利用されており、非常に多くの会員数が登録しています。

 

日本での会員巣は、180万以上存在し、ユーブライドの次に多いといえるでしょう。
運営歴は長く、15年以上です。
(海外版は1995年から運営されています)

 

利用目的は、婚活に限ります。
恋活をしている人はおらず、結婚を前提として付き合っている人が多いです。

 

また、再婚希望者が多く登録していたり、様々な特徴があります。
結婚意識の高さと年齢層比例しており、メインは30~40代。

 

まさに婚活アプリという感じですね!

 

会員層と年齢層は、下記の通りになります。

 

 

男性会員は、40代が最も多く全体の54%。
半分以上が、40代ということがわかります。

 

その次に多いのは、30代の22%ですが、40代の半分にも及びません。
さらに、50代は15%と、メインの年齢層は40代ということがよくわかります。

 

20代も少なく、全体の9%しか存在しませんでした。

 

会員層は、ダンディ系が最も多いですね。
大人しそうな人も多く、明るめな人は少ない印象。

 

まじめな人が多いので、まさに婚活をしているのが顔で判断できました。
※個人的な印象

 

婚活アプリでも、40代がメインのアプリは非常に珍しいので、いかに婚活に真剣なのかということがよくわかりますね。

 

熟年層と結婚したいと思っている人や、自分が30~40代なら最適ね!

 

次に、女性会員。

 

 

女性会員は、男性会員と若干数値が異なります。
最も多かったのは、男性会員と同様に40代で全体の40%。

 

次に多いのは、30代の30%です。

 

つまり、30~40代が全体の7割を占めているということになります。

さらに、20代も多く全体の18%です。

最も少ないのは、50代で12%でした。

 

30代でも、30代前半が最も多かったことを考えると、マッチドットコムの女性ユーザーは早婚を考えていることがわかります。
全体的に年齢層は若かったので、早い段階で結婚をしたい人が多い印象。

 

会員層に関しては、大人しい系が多かったです。
男性同様に、明るい人や派手な人は少なめ。

 

可愛い系というよりは、顔立ちが整っているようなきれい系が多いイメージ。
顔面偏差値は全体的に低めなので、顔で選ぶべきアプリではありません。

 

マッチドットコムを利用するなら、顔じゃなく内面重視ってことね!

 

マッチドットコムが、婚活に向いている理由は下記になります。

 

40代が多く婚活に真剣な人が多い

AIの自動マッチ機能が優れている

 

まず、マッチドットコムはメインの年齢層が40代です。
男女問わず、年齢層は高く、熟年層が登録していることがよくわかります。

 

熟年層が多いということは、それだけ婚活を考えているということ。

初婚の人もいますが、離婚歴がある人も存在します。

 

 

つまり、離婚歴がある人でも十分利用できるということになります。
本来、バツイチやシンママというのはネガティブな部分。

 

マリッシュと同様に、アピールしても問題ありません。

 

アピールすれば、結婚歴に理解がある人だけが近づいてきそうね!

 

それらを総合的に判断しても、マッチドットコムは真剣な婚活に適しているのです。
少しでも、婚活を検討している人は登録してみると良いでしょう。

 

次に、AIによる自動マッチ機能です。

 

マッチドットコムでは、マッチング機能を年々ブラッシュアップしています。
そして、近年新しいマッチング形態として生まれ変わったのが、オススメ機能です。

 

マッチドットコムには、マッチ機能というものが存在します。

 

 

”デイリーマッチ”という機能であり、オススメユーザーを紹介してくれるというシステムになっています。
しかし、単にオススメユーザーを紹介するのではなく、根拠に基づいて紹介しているのが異なります。

 

デイリーマッチでは、ユーザーの行動パターンをAIが把握します。
”いいね、検索結果、メッセージ内容”等から、どういうユーザーに興味があるのか紹介してくれるサービスです。

 

プロフィールの好み等ではなく、自分の条件に合わせて紹介してくれるということです。

そのため、マッチドットコムを使えば使うほど、AIが学習して精度が高まります。
オススメしてくるユーザーは、あなたに適した人ばかりということになります。

 

学習機能は、ゼクシィ縁結びにもあったけど便利なサービスよね!

 

婚活アプリでは、自分に適したユーザーを見つけるのは困難です。
マッチングしたとしても、出会いに発展しないことはよくあること。

 

しかし、行動パターンからマッチングするなら、根拠があるのでメッセージも継続することでしょう。

 

また、マッチドットコムはマッチングせずにメッセージを送れるのも特徴の一つ。

 

  • ウィンク(いいね)を送る
  • メッセージを送る

 

この二つのアプローチの方法がありますが、直でメッセージを送れます。
そのため、最初のうちは両方送ると、相手に好意を伝えることが可能です。

 

マッチングなしにメッセージできるのは、活気的な方法ね!

 

詳しい内容については、下記の記事を参照ください。

関連記事>>マッチドットコムで結婚はできる?基本情報から口コミまで徹底解説!

そもそも婚活アプリとは?

婚活アプリとは、婚活をメインに考えている人が登録しているマッチングアプリのことを指します。

 

かなり大枠としては、出会い系に位置します。
その中で、遊び目的の出会い系アプリ、恋活目的のマッチングアプリが存在。

 

婚活アプリは、マッチングアプリをさらに細分化して、婚活に特化したものを総称して呼ばれています。

リリース前は、婚活パーティや街コンなどが生粋の婚活スポットでしたが、リリースしてからはそちらにユーザーが流動しているという話も。

 

気軽に利用できるので、流動するのもわかりますね!

 

会員登録をすることで、誰でも利用可能という気軽さがオススメなポイントの一つ。
メッセージを送るには、いいねをしてマッチングする必要があります。

 

主な手順としては、下記の通りです。

 

※ユーブライドの例

 

希望の相手を見つけて、アプローチすることで会えるようになります。

料金は、アプリによって異なります。
月額制が多く、男女ともに料金が発生するパターンから男性のみ発生するパターンまで様々。

 

月々3,000円~4,000円から利用することが可能です。

 

料金の安さも、婚活を促進させる理由の一つになってそうね!

婚活アプリのメリット

婚活アプリは、下記のメリットが挙げられます。

 

どこにいても婚活ができる

料金が安い

ユーザー数が多くマッチングしやすい

 

婚活アプリの一番のメリットは、やはりどこでも婚活ができるという点。
婚活パーティや合コンとは異なり、指定された場所に行くこともありません。

 

移動中の電車、仕事の休憩中、出先でもアプリを開けば、いつでも婚活が可能。
インターネットさえつなげられれば使えるので、簡単に利用できます。

 

検索機能を使えば、気の合う人を簡単に見つけることが可能。
お互い条件が合えばマッチングしてメッセージが可能なので、非常にオススメです!

 

料金面は、全体的に安いです。
※詳しくは後述します。

月々3,000円となると高いと感じる人も多いですが、他の婚活サービスと比べるといかに安いかがよくわかると思います。

 

最後に、ユーザー数が多いという点。

 

アプリ名 会員数
youbride(ユーブライド) 180万人以上
ゼクシィ縁結び 85万人以上
マリッシュ 50万人以上
マッチドットコム 180万人以上

 

それぞれ有名婚活アプリの、会員数になります。
いずれも、50万人以上が登録しており、中には200万人以上近く登録しているものも存在。

 

この様なアプリに登録すれば、出会いの幅も広がります。

街コン等で知り合えても、精々2~3人程度。
しかし、婚活アプリならガチで利用すれば100人以上とマッチング可能。
※条件次第です

 

利用の仕方を考えても、婚活アプリのほうが圧倒的にオススメね!

婚活アプリのデメリット

婚活アプリのデメリットは、下記の通り。

 

結婚意識が低い場合がある

出会いのハードルが低い

 

気軽に出会えるという点が、婚活アプリのメリットではありますが、それがデメリットになることもあります。
マッチングアプリに比べると、結婚意識が高いことは明確。

 

しかし、結婚相談所等に登録している人に比べると、結婚に温度差があります。
格安な料金設定なので、誰でも登録できるというのが仇となるようです。

 

入会に際してのハードルは低く、遊び半分で利用する人も少なくありません。
中には、恋人・パートナーがいる人でも利用している場合があるようです。

 

安さ故のデメリットですし、結婚に結びつかないこともありそうですね。

 

ただ、これは人によって異なります。
出会い方や、人の選別を怠らなければ、特に問題ありません。

 

そのため、婚活アプリを利用する際は、相手を見極めることが重要です。
メリットデメリットがあるのは当然ですし、予め認知する必要があるようです。

マッチングアプリと婚活アプリの明確な違い

マッチングアプリと婚活アプリの明確な違いは、婚活に真剣かどうかです。

大枠で見れば、婚活アプリもマッチングアプリに位置します。

 

その中でも、目的が異なるだけで、婚活アプリと呼ぶようです。
ただし、マッチングアプリの中でも、恋活・婚活共にできるものがあります。
(例:ペアーズ、Omiai等)

 

そのため、婚活が目的だからといって、婚活アプリと決めつけるのは誤った考え。

 

婚活に特化したアプリでも、結局は恋活から入るわよね!

 

結婚を前提に考えているかどうかが、最も異なる点です。
さらに、詳しい内容で言うなら”年齢層の違い””結婚意識の違い”が挙げられます。
※後述します

 

また、料金面で大きな違いがあります。

 

一般的に、マッチングアプリといわれているものは女性の料金が無料。
しかし、婚活アプリは女性も料金が発生します。

 

アプリ名 女性料金 目的
Pairs(ペアーズ) 無料 恋活メイン・婚活
With 無料 恋活メイン・婚活
ゼクシィ縁結び 3980円~ 婚活
youbride(ユーブライド) 3980円~ 婚活

 

無料の場合は、誰でも気軽に登録できます。
そのため、”あわよくばカップリングしたい”という人が多く、結婚意識は非常に薄いです。

 

しかし、婚活アプリの場合は料金が発生します。
(一部アプリは無料)

女性も料金を支払うということは、それだけ婚活に真剣ということです。
無料のアプリがあるのに、わざわざ有料のものを選ぶ理由がありませんからね。

 

真剣度の高さで言うと、有料アプリに登録している人が多そうですね!

 

まとめると、大枠としては婚活アプリもマッチングアプリ。
しかし、目的一つ違うだけで、婚活アプリと呼ぶことがあるということです。

婚活アプリの平均的な年齢層は?

マッチングアプリは、基本的に20代がメインです。
若者向けのアプリとも言われており、会員数も60%以上が20代という結果もあります。

しかし、婚活アプリの平均年齢層は下記の通りです。

 

20代 30%
30代 36%
40代 23%
50代 10%

※マリッシュ、ユーブライド、ゼクシィ縁結びの男女ユーザーの平均統計

 

最も多いのは、30代の36%でした。
次いで、20代が多く30%です。

 

この時点で、マッチングアプリと異なるのがわかります。
さらに、40代も多く23%存在します。

 

50代は少ない方ですが、それでも10%存在。

 

つまり、20~40代という幅広い年齢層が登録しているのが、婚活アプリなのです。
婚活を強く意識し始めるのは、30代以降ですし、年齢層が高いのも頷けます。

 

マッチングアプリよりも結婚に真剣な人が多いから、30代が多いわけね!

無料の婚活アプリはある?

マッチングアプリは、男性が有料で女性が無料のものが多いです。
しかし、婚活アプリの場合は、男女ともに料金が発生するものがほとんど。

 

男性は、どれも料金がかかりますが、女性は一部のアプリでは料金が発生しません。
アプリ名を挙げるなら、下記の通りです。

 

マリッシュ

ユーブライド(条件あり)

 

まず、マリッシュに関してですが、女性は完全無料です。
ポイントやいいねの課金に、一部料金が必要ですが、基本機能は無料。
※詳しい概要は後述します

 

再婚・バツイチ向けのアプリということもあって、男性も料金が安いのが特徴の一つ。
お得に婚活をしたいと思っているなら、積極的に利用したいところです。

 

次に、ユーブライドです。
ユーブライドは、男女ともに月額課金が必要です。

 

しかし、条件次第では女性は実質無料で利用可能。

 

 

その条件とは、相手がスタンダート会員の場合です。
ユーブライドには会員にグレードがあり、スタンダートとプレミアムがあります。

 

月額料金を若干多めに払えば、プレミアム会員になれます。
男性は課金しなければやり取りできませんが、女性会員の場合は会員にならなくてもやり取り可能。
(年齢確認を完了する必要があります)

 

しかし、相手がプレミアム会員の場合は、やり取りができません。
ユーザーに制限がかかるので、本当に好みの人と知り合えないというデメリットがあります。

 

条件を指定して、相手がプレミアム会員なら課金するしかないってことですね。

 

ただ、プレミアム会員は案外少なく、スタンダート会員がほとんど。
※個人的な印象

 

そのため、特に課金しないで困ることはありません。
真剣で財布に余裕があるときのみ、課金すると良いでしょう。

婚活アプリはコスパがいい?悪い?

婚活アプリで、最も気になるのが料金面だと思います。
月々3,000円~5,000円程度支払うのが、高額という人も少なくありません。

 

しかし、婚活費用の全体で考えた場合、かなりコスパが良くなります。

今回は、最も料金が安いユーブライドを引き合いに他の婚活手段の料金を比較してみました。

婚活アプリ

まず、ユーブライドは下記の料金プランが存在します。

 

 

1か月プランは、4,300円と高額ですが、長期プランで契約した場合は非常に安くなります。

最大で、22,800円安くなるので、いかにお得なのかということがわかることでしょう。

 

1年契約の場合は、28,880円で利用できるのね!

 

つまり、年間で約3万円の婚活費用が掛かることになります。

 

 

ただし、ユーブライドでは5か月以内の成婚しているとの報告もあります。
そのため、1年プランを契約する必要は、あまりなさそうです。

支払いは一括のみなので、途中退会しても返金はありません。

結婚相談所

次に、結婚相談所です。
結婚相談所は、真剣さで言うと一番です。

 

登録している人の全員が、結婚を検討しています。
お互いの波長が合えば、即結婚というのもあり得る話。

 

結婚意識が高いという意味では、非常に最適です。

気になる料金ですが、下記の通り。

※地元の結婚相談所の場合

 

まず、入会するのに10,000円が発生します。
さらに、初回登録時に20,000円発生。

 

登録するだけで、婚活アプリの料金を大きく超えます。
さらに、月額費で10,000円発生します。

 

1年間フルで利用した場合の総額は、下記の通り。
(成婚が成立した場合)

 

登録時:30,000円

月間利用費:120,000円(10,000円×12か月)

成婚料:170,000円

合計:320,000円

 

かなり高額ですね!地方でこのくらいなので、都内だとより高くなりそうです。

 

結婚意識が高いという点では、非常に優れていますが、メリットはそれだけです。
様々なサポートをしてくれますが、婚活アプリのほうがお得なのがよくわかります。

婚活アプリと結婚相談所は、仕組みとしてはあまり変わりません。

 

  • 婚活アプリ:自分で相手を見つけてマッチング、気が合えばカップリング・成婚
  • 結婚相談所:条件が合う人を紹介、お見合い、成婚

 

自分で相手を見つけるか、相手を見つけてもらうかの違いです。
好みの人を見つけるくらいなら、婚活アプリの検索条件も負けていません。

コスパを考えれば、圧倒的に婚活アプリが優れていることがわかると思います。

婚活・街コンパーティー

次に、婚活パーティーが挙げられます。

婚活パーティーは、誰でも気軽に参加できるというメリットがあります。
※条件に該当している場合

 

さらに、参加している人は結婚を考えている人ばかりなので、利用する価値は大いにあります。

気になる料金ですが、下記の通りです。

 

 

婚活パーティーでは、男性が高く女性が安いのが主流。

料金相場は、男性が5,000円~7,000円程度です。
女性は、1,000円~2,000円程度で参加可能です。

 

女性が安いのはうれしいけど、参加するたびに費用が掛かるのは痛いわね。

 

婚活パーティーは、一回当たりの料金です。
つまり、男性会員は一回参加するだけで、婚活アプリの月額費を大きく上回るわけです。

 

当日のフローは下記の通り。

 

1.受付を済ませる

2.1対1式か立食式のパーティーが開始

3.2で気になった人の名前か番号を書く

4.カップリング成立

 

婚活パーティーは、多くても20人程度しか参加しません。
小規模のパーティーなので、比較的にマッチングしやすくなっています。

 

ただし、参加者が微妙だったり、条件が合わないとマッチングは困難。

そのため、参加しても必ず出会いにつながるというわけではありません。
確率は低く、成婚となるとさらに難易度も高くなることでしょう。

結論:婚活アプリのほうがコスパは良い

トータルで考えた場合、婚活アプリはコスパがかなり良いことがわかります。

改めて、料金を比較したのが下記になります。※1年間利用した場合

 

婚活アプリ 結婚相談所 婚活パーティー
28,800円 320,000円 40,000円

※婚活パーティーは月に1回参加した場合

 

料金面を比較した時点で、差は明確です。
それに、婚活アプリは1年利用することはなく、真剣に利用すれば5か月程度で成婚します。

 

高い料金を支払ってまで、婚活をするよりも、婚活アプリで自分のペースでしたほうが安心です。

結婚ができることに変わりはありませんし、登録してみると良いでしょう。

婚活アプリにサクラは存在する?

結論から言うと、婚活アプリにサクラは一切存在しません。

サクラというのは、運営が雇っている業者のことを指します。

 

目的は様々ですが、主に下記が挙げられます。

 

会員数増加(女性会員が多いように見せかける)

課金を促す(無料会員にメッセージを送り課金させる)

 

優良アプリに限っては、サクラを雇う必要すらありません。
自動的に会員数は増えますし、課金に関しても良い意味でユーザー任せです。

 

さらに、サクラを雇っているのが公にでると、アプリの信用にかかわります。
優良アプリといわれているものが、サクラを雇っているということが公表された時点で、利用者も激減するでしょう。

 

確かに!水増しがバレたら純粋に利用できなくなるわよね!

 

さらに、ユーブライドではサクラゼロ宣言を掲げています。

 

 

この様な取り組みが公開されているのは非常に珍しく、ユーブライドが初です。

ただ、婚活アプリはサクラがいないだけであり、業者は一定数存在します。
これは、どのアプリでも共通しており、マッチングアプリでも変わりません。

 

主に、婚活アプリに存在する業者の種類は下記の通り。

 

勧誘業者

詐欺業者

ヤリ目・遊び目的

既婚者

 

後者2つに関しては、業者ではありませんが悪質なユーザーということに変わりはありません。
被害に遭わないためにも、特徴と対策を把握しておく必要があります。

勧誘業者

婚活アプリには、悪質な勧誘業者が存在します。
勧誘の種類は様々ですが、目立つのは下記の通り。

 

マルチ勧誘

ビジネス勧誘

宗教勧誘

 

特に、婚活アプリで多いのは、マルチ勧誘とビジネス勧誘です。
商業的な営業をかけられた場合は、確実に業者と判断しましょう。

 

見分けるには、プロフィールに注目しましょう。

 

  • マルチ勧誘:ホームパーティを開いている、職業がその他
  • ビジネス勧誘:仮想通貨・FX関連のワード、ビジネス関連のワードが入っている

 

まず、マルチ勧誘ですが、頻繁にホームパーティを開催しています。
海外なら理解できますが、国内でホームパーティを開いている人はほとんどいません。
(BBQなら理解できますが)

 

 

この様に、プロフィールに”ホームパーティしてます”等書いている人は、かなり怪しいです。
さらに、年収が1,000万円以上超えている場合は、余計に怪しいと思いましょう。

 

パーティに誘われた時点で、マルチ勧誘する気満々ってことね。

 

書いている人全てがマルチ勧誘業者というわけではありませんが、非日常的なので怪しいことに変わりはありません。
そのため、最初から関わらないようにすることが重要です。

 

次に、ビジネス勧誘です。

これは、近年増加しているのですが、うまい投資話を持ち掛けてくるパターンです。
こちらも、プロフィールから判断することが可能。

 

 

”投資に興味がある方””投資してます”といったワードが含まれていれば、業者の疑いがあります。
中には、本当に投資で生活している人もいますが、年収と照らし合わせて比例していなければ、要注意!

 

さらに、学生で投資関連の話を引き合いに出してくる人は、業者確定です。

 

うまい話を持ち掛けてくるので、相手にしないことが重要です。

 

真剣に出会いを求めている人を、バカにするような悪質な行為よね!

詐欺業者

詐欺業者も、婚活アプリに一定数存在します。
近年は、セキュリティ強化の観点から数は減少していますが、それでも行う人は存在します。

 

主な目的としては、下記の通り。

 

金銭搾取

アドレス収集

 

まず、金銭搾取が目的の業者です。
主に、結婚詐欺を行って近づいてきます。

 

仲良くなったところで、「お金がない」「お金を貸してほしい」等といって、近づいてきます。

 

いずれも、真剣に婚活をしている女性を手玉に取った悪質な行為です。

やり取りしても発展することはありませんし、金銭トラブルになるだけです。

 

次に、アドレス収集です。
これは、ラインやメールアドレスを聞くことで、詐欺サイトへ誘導するという行為です。

マッチングして、即連絡先交換をしてきた場合は要注意!

 

 

ユーブライドでも、業者の特徴として挙げています。
連絡先を交換する際は、自分のものは教えずに必ずIDかQRコードを要求してきます。

 

教えたら最後、詐欺メールや乗っ取りラインが届くことでしょう。

そのため、ある程度やり取りをして仲良くなった人以外には、連絡先を教えないようにしましょう。

 

相手にしないことが、一番の対策ですよ!

ヤリ目・遊び目的

婚活アプリは、真剣な人が多いという認識があるので、ヤリ目や遊び目的はいないと思うのが主流です。

しかし、私は何度か婚活アプリを利用していて、セフレ募集に遭遇したことがあります。

 

プロフィールに記載している人は、ほとんどいませんが、稀に存在します。

 

 

この場合は、ヤリ目ではありませんが、遊び目的の人です。
主に、20代に多く存在します。

 

年齢層が若い人は、真剣に婚活をしてないってことね。

 

婚活アプリによって異なりますが、若い人が多いマリッシュ等は特にヤリ目と遊び目的が多いです。

 

プロフィールに記載している人なら、ブロックすれば済む話。
しかし、たちが悪い人は、”真面目に婚活してます!”という人でも、ヤリ目で近づいてくる場合があります。

 

下記は、マリッシュでマッチングした人と、ライン交換をした結果です。

 

 

露骨なヤリ目であることが発覚。
最初は、紳士的な態度だったので、完全に安心していました。

この様なタイプが、婚活アプリには平気で存在します。

被害に遭わないためにも、相手をしっかり見極めることが重要です。

既婚者

最後に既婚者です。
本来、婚活アプリは独身限定のサービスです。

 

しかし、既婚者というのは証明書があるわけでもないので、隠すことが可能です。
※一部では証明書で確認できるものもあります

 

Facebookで登録したとしても、ステータスを”独身”に変えていれば登録できます。

もちろん、どの婚活アプリでも利用規約違反となり、即強制退会の処分を受けてしまうでしょう。

 

 

マッチングしたとしても、相手が既婚者かどうかは本人に聞かない限りわからないこと。
実際、好意を持って仲良くなり始めた時に、カミングアウトされたという人も存在します。

 

ゼクシィ縁結びで知り合った人に先日付き合おうと言われました。
しかし彼の名前を検索したら
2ちゃんねるに既婚者と書かれていました。

引用:Yahoo知恵袋

 

気づいてからでは遅いですし、然るべき対処をしましょう。

相手が既婚者かどうか確認するための唯一の手段としては、証明書機能があります。

 

婚活アプリの中では、「ゼクシィ縁結び、ユーブライド」等が挙げられます。

 

 

プロフィールから確認することが可能であり、各証明書に〇がついていれば、提出しているということになります。

この男性の場合は、”年齢証明、本人証明、独身証明”が提出されているということです。

 

この機能なら、独身かどうか判別できるのでいいですね!

 

さらに、ユーブライドでは、検索条件に”証明書あり”を選ぶことが可能。

 

 

検索条件で絞れば、証明書を提出している人だけを選ぶことが可能です。
※提出している証明書の種類は選べないので要注意

まとめ:婚活アプリを使えばコスパよく結婚ができる

婚活アプリの実態について解説しました。

ネットの出会いということもあって、様々な疑問があると思います。
一番は、結婚ができるかどうか。

 

マッチングアプリとは異なり、女性も有料なわけですからある程度慎重になります。
結論から言ってしまえば、婚活アプリで結婚することは可能です。

どの手段に比べても、自分のペースで婚活ができます。

 

さらに、コスパも良いので余計に使い勝手が良いです。

ただし、自分に合ったアプリを使わないと、出会いに発展しないことがほとんど。

少しでも出会いたいと思っているなら、自分に適したアプリを探しましょう。

 

紹介した、4つのアプリはどれも優良アプリです。
いずれも特色がありますし、無料会員で使用感を確かめてみると良いです!

 

登録しないことには始まらないから、まずはそれぞれ登録からすべきよ!

-全記事一覧

error: コピー不可

Copyright© アラサーの崖っぷちネット婚活列伝! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.