全記事一覧

恋草はどういう婚活アプリ?基本情報・使い方を徹底解説します!

「障がい者の婚活には壁がある」
「障がい者でも婚活できるアプリってないの?」

 

年々、障がい者に対しての理解は深まりつつあります。

周りのサポートを必要とすることもあり、度合いによっては結婚が大きな障壁になるもの。
マッチングアプリで結婚をすることが増えているこのご時世で、障害を隠しながら利用するわけにもいきません。

 

そこで紹介したいのが、恋草というアプリです!

 

今回は、恋草がどういうアプリなのか解説していくわよ~!世界初の障害を持た人を対象にした婚活アプリだから、使い方・基本情報・登録方法等紹介するわよ!

 

この記事を読むとわかること

健常者同士もマッチング可能

普通の婚活アプリにも障がい者はいる

恋草は今後に期待できるアプリ

 

恋草(こひぐさ)とは?

 

恋草は、障がい者の恋愛をサポートするために生まれた婚活アプリです。
このご時世、様々な婚活サービスがありますが、障がい者に対してグレーな部分があります。

 

婚活パーティ、結婚相談所では、障害を持っている人に対してサービスを提供しないということもあるようです。

 

差別ともとれるけど、業者としては苦渋の選択かもしれないわね。

 

そこで、リリースされたのが恋草です。

”障がい者×健常者””障がい者×障がい者”のマッチングを可能にして、障がい者でも当たり前に恋愛をすることができるような、居場所を提供しています。

 

ちなみに、20歳以上しか登録することができません。
※他の婚活アプリは原則18歳以上

恋草の特徴は、下記の通りです。

 

本人証明の義務化

会いたい機能

付き合ってる機能

 

まず、どの婚活アプリでも存在する、本人証明の義務化です。

 

 

本人証明が充実していれば、安心してアプリを利用できるでしょう。
相手が、本気でパートナーを探しているかどうかわかりますからね!

 

”本人面会、独身証明、公的証明書”等を確認することが可能です。
※必須項目は公的証明書提出のみ

特に、独身証明に関しては市区役所で取ることができるので、登録前に取得しましょう。
(登録後でも構いません)

 

さすがに、既婚者が登録するわけはありませんが、婚活アプリでは結構ある話。

 

マリッシュとかでは、結構ありがちな話よね!

 

関連記事>>マリッシュに既婚者は存在する?実態を検索して調査してみました!

 

次に、”会いたい機能”の実装です。

 

 

マッチング後は、メッセージをすると思いますが、デートの約束が中々できないという人もいます。
そういう人向きに、恋草では”会いたい”機能が存在します。

 

長くメッセージを続けることなく、相手に会いたい意思を伝えることが可能な便利な機能です!

自分に対して、相手がどのように感じているのかということを、意思確認できるので非常に便利な機能ですよ!

最後に、”付き合ってる”機能です。

 

 

この機能は、婚活アプリでも恋草が初です。

通常、婚活アプリを通じてカップリング・結婚することになった場合は、退会するのが主流です。
(例:成婚退会)

 

しかし、恋草ではアプリ上でお互いが付き合っていることをアピールすることができる機能が存在します。

 

サービス内で、一人にしか送ることができない”私はあなたと付き合ってます”というものを通知させることができます。

 

  • 付き合いを解消する
  • 退会する

 

これらの条件を満たさない限りは、永久的にマークが付与されます。
意図は様々ですが、下記が挙げられるようです。

 

その人だけに絞ることができる

意思確認をしない場合不誠実と捉えられる

なんか、束縛っぽくて怖い機能ね。笑 私はあまり使いたくないわ!

 

理にかなっていますが、正直そこまでしないでもよいと思います。笑

利用条件はある?

恋草は、様々な利用資格が存在します。
下記を満たしていないと、登録することができません。

 

まず、障害がある人です。

 

障害者手帳を持っている

独身

満20歳

スマホ操作に問題がないこと

 

基本的な条件ね!障害の度合いによっては登録できない可能性もありそうよね!

 

次に、健常者の条件です。

 

障がい者との婚活に理解を持っている

公的証明書の提出が可能な人

満20歳

 

ちなみに、恋草はあくまでも婚活アプリです。
そのため、知り合った人と将来のパートナーを見つける目的で登録している人がほとんど。

 

そのため、結婚を前提で利用している人が多いので、遊び目的等で利用するのはやめましょう!

ただし、知り合った人が”誠実、真面目”というのは保証されていません。
中には、不誠実な人も存在することもあります。

 

トラブルに遭わないためにも、下記の点は注意しましょう。

 

  • デートの場所には注意する
  • 個人情報をがわかるものは持参しない
  • 人が多い場所・時間帯で会う
  • 飲酒は控える

 

トラブルに巻き込まれないための、最低限の条件ってところですね!

恋草(こひぐさ)を運営している会社は?

恋草の基本情報について解説しましたが、気になるのが運営会社。
どういう会社が運営しているのかというのは、利用者にとって最も気になります。

 

 

恋草のトップページでは、運営情報が公開されていました。
そこで”synapse"という企業が運営していることが分かったので、検索。

 

 

様々なページが存在しましたが、その中で”think Lab"という企業がヒットしました。
おそらく、この会社が恋草を運営している企業です。

 

 

会社概要を見る限り、恋草だけではなく別のマッチングサービスも提供しているようです。
そのため、”人の出会い”をメインに運営している企業ということがよくわかります。

 

情報を開示している企業は、安心できるからいいわよね!

 

マッチングアプリを運営している会社は、基本的に優良です。
しかし、中には運営者情報を更新しないような悪質なものも存在します。

 

トラブルに遭わないためにも、しっかり確認しておきたいものですね!

気になる料金体系は?

「婚活アプリは高いんじゃないの?」

 

この様なイメージを抱いている人もいると思います。

確かに、当サイトで紹介している婚活アプリはいずれも月額課金が必要。
そのため、恋草も「料金がかかるんじゃないの?」と思う人も少なくありません。

 

そこで、恋草の料金体系について調べてみました。

すると驚愕の事実が発覚!

 

恋草の利用料金は

 

完全無料です!

 

無料なの!?どうやって採算とるのよ!難しいじゃない!ありえないわ!
落ち着きましょう!笑 そういうのも恋草の醍醐味かもしれませんよ!

 

公式サイトで閲覧した限り、無料と記載していました。

 

 

追加で課金が必要になることもありませんし、特に問題なく利用できそうです!
今後、運営によっては課金が発生する可能性もあるみたいですが、2019年現在では無料のようです。
※2019年8月にリリースしたサービスです

 

パケット代はかかりますが、その他基本料金は一切かからないので安心です。

 

完全無料の婚活アプリは、業界でも初の試み。
実際に、私も登録してみました!

恋草(こひぐさ)の登録方法

恋草は、現在アプリ版しか存在しません。

そのため、ストアで検索してインストールしましょう。

 

動作環境については、下記の通り。

 

 

私は、iPhone6sですが、特に問題なく動作しました。
そのため、バージョンは特に問題ないようです。

恋草に登録する手順は、下記の通り。

 

1.アプリをインストールする

2.メールアドレス登録を行う

3.メール認証を行う

4.基本情報を入力する

5.登録完了

 

手順に沿って従えば、問題なく登録することが可能です。

 

難しい手順は一切なさそうね!

 

まず、アプリをインストールしてメールアドレス登録をしましょう。
開くと、ログイン画面が出てくるので、”新規登録はこちら”をタップしましょう。

 

すると、アドレスを登録する画面に遷移します。
内容に沿って、メールアドレスを入力しましょう。

 

 

入力完了後、仮登録が完了します。
しかし、これだけでは意味がないので、認証メールを確認しましょう。

 

 

指定アドレスに届いているので、URLをタップすると認証完了。
本登録が完了します。

 

 

その後、基本情報を入力する画面に遷移します。
恋草で必要な、プロフィール入力です。

 

 

選択式になっているので、それぞれ手順に沿って進めていきましょう。
アプリの利用を検討しているなら、この時点で全て入力しておきましょう。
(プロフィール次第でマッチングするかどうか決まるため)

 

ちなみに、プロフィール文章とプロフィール写真の設定は必須です。

写真を登録した時点で、会員登録は正式に完了。

その後、アプリを利用するためには、年齢確認をしなければなりません。

 

 

年齢確認を行わないと、コンテンツが一切利用できないので注意しましょう。

ちなみに、現在年齢確認に使用できる書類は、”運転免許証、健康保険証”のみです。

 

 

障がい者は、障がい者手帳でも代用することが可能。
年齢確認完了後、正式に利用することができるようになります。

恋草は使えるアプリ?使用感はどう?

実際に、恋草に登録して使ってみた結果ですが、結論から言うとまだまだですね。
まず、アプリの基盤がそもそも整っていません。

 

検索画面もそうですが、まだ使える部分が少ないです。

 

 

さらに、年齢確認が完了しないと一切コンテンツを利用できません。
下記のタブで表示されている、ホーム画面やコミュニティ等も開くことができません。

 

そのため、実質確認するまで放置しなければなりません。

ちなみに、年齢確認にかかる時間は最低でも1時間。
長くて24時間かかるそうです。

 

結構な期間待たないといけないのね。そんなに待てるかしら?笑

 

駆け出しのアプリということもあって、コンテンツ面が充実していないのもポイント。
やはり、充実した機能を利用するためには、普通の婚活アプリを利用したほうがよさそうです。

 

ただ、完全無料で利用できるという点は非常に優れています。

 

今後有料になる可能性もあるそうですが、現時点ではなさそうです。
改良を進めれば、使い勝手が良いアプリになると思うので、今後に期待しましょう!

健常者同士もマッチング可能

※健常者として登録するとシステム上障がい者しか表示されません

 

これは、登録してから気づいたことです。

年齢確認が完了して、男性を一通り見ていると、障がい者が多いことに気づきました。
この様に、プロフィールに、障害を告白している人もいます。

 

 

カミングアウトしている人は、障がい者ということがわかります。

しかし、中には下記のようなタイプも存在。

 

 

このプロフィールでは、障がい者か健常者かわかりません。
実際にマッチングすることができましたし、普通にやり取りもできました。

 

そこで一つ思いました。

 

「健常者同士でもやり取りできるのでは?」

 

プロフィールで、カミングアウトしていなければわかりません。
※中にはカミングアウトしていない人もいます

 

つまり、健常者同士でも無料でマッチングしてやり取りが出来るということ。

 

本来の、”障がい者専用アプリ”というのはどこに行ったのかしら?笑

 

確かに、障がい者がアプリにいるのは事実です。
健常者かどうかの判断は、プロフィールでしか確認できません。

 

そこで、私が予測したのは下記のことです。

 

無料をいいことに健常者が多く集まる

無料で出会いたい人が増える

 

マッチングアプリや婚活アプリは、基本的に料金が発生します。
(女性は一部無料です)

男性は料金が発生しますが、恋草では無料。

 

感覚で言うと、ストアにある”完全無料の出会い系サイト”という悪質なアプリのような感じです。
それに、年齢確認機能が増えたようなイメージなので、正直怪しいですね。

 

運営が対策を行わないと、今後使えるサイトにはならないと思います。

 

障がい者枠と健常者枠をはっきりしないと、無料で出会いたい人だけが集まりますよね!

 

こういう面を考えれば、大手の婚活アプリで障がい者として登録したほうがよさそうです。

別の婚活アプリにも障がい者は存在する?

今回、私がメインで利用しているユーブライドのキーワード検索を使ってみることにしました。

そこで、検証したのは”障がい者がいるかどうか”です。

 

利用者が最も多い、婚活アプリなので、多少障害を持った人はいると思います。
それをカミングアウトすることで、出会いにどうつながるかは別ですが、バツイチをカミングアウトしているご時世。

 

障がい者というのを隠さずに、ユーブライドを利用している人も少なくないと思います!

 

確かに!ナイーブな部分かもしれないけど、カミングアウトすれば理解者とマッチングできるわよね!

 

そこで、男女別でユーブライドに登録している障がい者の人数を検索してみました!

同じ境遇の人は、登録を検討してみるのもアリですよ!

男性の障がい者の数

ユーブライドには、キーワード検索があります。
これは、男女ともに無料で使うことができる機能です

 

同じ趣味や好みの人を検索する上で、使い勝手が良い機能なのでしっかり利用したいものです!

実際に、検索してみた結果、下記の人数が表示されました。

 

 

”障害者”で検索した結果、145人表示されました。
アクティブ数は30万人程度なので、少数ということがわかります。

 

しかし、それでも障がい者が登録しているという事実は変わりません。

普通のマッチングアプリでも、障がい者がいることがわかりました。

 

健常者と均等に出会いが見つかるというのはいいわよね!

 

障害の種類は様々ですが、身体障がい者から知的障がい者まで様々です。
実際に、

登録している人のプロフィールを何人か閲覧してみることにしました。

 

 

 

この様に、自己紹介文でカミングアウトしています。
当然、障害を持っていることをカミングアウトすれば、理解者のみしかいいねをしなくなります。

 

冷やかしでいいねをする人もいるようですが、これは真剣な婚活アプリ。
特に、ユーブライドは婚活をガチでしている人が集まっています。

冷やかしで利用することは、まず考えられません。

 

 

この男性は、身体的な障害を抱えている人です。
理解者を探すために、ユーブライドに登録していることがわかります。

 

隠してもしょうがないですし、会う前提で話を進めるならいつかはカミングアウトしなければなりませんよね!

 

もちろん、障がい者同士で付き合うこともあれば、理解がある健常者と付き合うこともあります。
障がい者に特化したような婚活アプリではありませんが、出会えるチャンスはあるということです。

 

少しでも、出会いの幅を広げたいと思っているなら、登録を検討してみると良いでしょう。

女性の障がい者の数

次に、女性の障がい者の数です。

男性会員は、有料会員登録必須になります。
しかし、女性会員は相手がスタンダートプランなら、無料でやり取り可能。

 

つまり、人を選ばなければ、実質無料で利用できるということになります。

障がい者の数は、下記の通りでした。

 

 

男性よりも若干多く、229人存在します。

女性でも障害をカミングアウトしている人がいるということです。
ナイーブな部分であり、特に女性はカミングアウトしたくないところ。

 

しかし、結婚をガチで考えているなら、カミングアウトは必須。

 

そこは難しいところだけど、理解者を探すためにも必要なことね!

 

実際に、登録しているユーザーを見てみました。

 

 

障害をカミングアウトして、利用しているパターンですね。

理解者だけを見つけるという意味では、非常に効果的といえるでしょう!

 

持病だとしても、恋愛とは関係ありません。
その病気を一緒に乗り越えるような、パートナーを探すという意味でも、しっかり利用したいところですね!

 

 

この女性は、病気について詳しい概要を書いています。

このくらい詳しく書いてると、病気について理解できます。
病名を書かれていても、わからない部分もありますからね。

 

さらに、詳細を書けば同じ病気の人ともマッチングできます。
同じ立場の人なら、改めて自分の病気について理解してくれると思います。

 

理解者を見つけるため、同じ境遇の人を見つけるため、色々な使用用途がありそうですね!

結論:普通の婚活アプリでも障がい者はいる!

 

ユーブライドの障がい者数を調べてみました。

大手の出会い系アプリで、会員数も多いことから障がい者でも登録しています。
しかし、数は少なく全体の0.1%未満。

 

カミングアウトできずに、登録している人もいると思います。
(いずれはカミングアウトしなければなりませんが)

 

恋草は、障がい者に視点を置いたということもあって、障害を持った人が多く登録しています。

障がい者を理解してくれる人に特化したサイトか、婚活全般を行っているサイトか、選ぶのは個人次第です!

 

ただし、出会いの幅を広げたいと思っているなら、個人的には普通の婚活アプリのほうが良いと思います。

 

結婚したい人も多いし、理解者を見つければいいだけよね!

 

実際、恋草と比較して思ったのは、健常者と障がい者の分離ができていないことです。
ユーブライドでは、健常者が存在するという前提で登録すると思います。

 

しかし、恋草は障がい者がいるという前提で登録します。
ただ、登録してみればカミングアウトしていない人もいて、健常者ともマッチングする始末。

 

そう考えると、コンテンツが充実しているユーブライドに登録したほうが良いです。
料金面が気になる人もいますが、有料サイトのほうが何かと安心ですよ!
(サポートもしっかりしているため)

無料で出会えるのは魅力的ですが、時に仇となってしまうこともあるようです。

まとめ:恋草は今後に期待できるアプリ!

 

恋草について調べましたが、リリースされてから間もないということもあって、まだまだな部分が多いです。
(コンテンツの種類、マッチング体系、料金体系)

そのため、今後に期待したいアプリといえるでしょう。

 

障がい者が使いたいアプリですが、健常者でも登録できるというのがネック。
登録したからといって、健常者同士もマッチングできるので、普通のアプリと変わりません。

 

その辺を改善しないと、無料で出会いたい健常者しか登録しないと思います。
これでは、本来のアプリの目的と異なるので、いち早く改善したいポイントです。

ただ、普通の婚活アプリにも障がい者が存在するのは事実です。

 

個人的には、サポート面もしっかり整っているようなアプリに登録したほうが安全だと思います。
※セキュリティ面、出会いのコンテンツ等

 

恋草が怪しいってわけじゃないけど、なんとなく理解できるわ!

 

アプリでカミングアウトすれば、理解者と出会えるのは事実です!

リリース直後なので、今後の出会いに期待したいところです。

 

-全記事一覧

error: コピー不可

Copyright© アラサーの崖っぷちネット婚活列伝! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.