全記事一覧

ネット婚活に疲れた時にすべき7つの対策を徹底解説します!

「ネット婚活に疲れたらどうすればいい?」

「ネット婚活って難しい…」

 

ネット婚活は、現代の出会いのツールとしては最適なものになりつつありますが、中にはうまくいかずに失敗する人も少なくないようです。

時には、”疲れたから、もうしたくない”という人もいるようで、人によっては「婚活鬱」になってしまう人も少なくないとか。

 

今回は、ネット婚活が疲れたという人のために、解消法と対策を解説していくわよ~!今まさに、ネット婚活を休止中の人は必見ね!

よくわかる解説

疲れたら小休止をすべき

小休止期間中は自分磨きに没頭する

ストレス=婚活鬱の原因

ネット婚活に疲れてしまう人の特徴7選!

ネット婚活をしていて、疲れてしまうのは仕方ないことであり、これはネットに限った話ではありませんよね。

リアルな場で婚活(街コン、婚活パーティ等)に参加していても、出会いにつながらなければ疲れてしまうことも少なくありません。

 

少し休みたいと思っても、婚期を逃してしまうだけなので、焦りからうつ病になる人もいるようです…

 

この記事を見ているということは、ネット婚活や婚活をしていて疲れているということ。

その原因や特徴を突き止めることによって、抱えている悩みや不安を解消することができるので、特徴をそれぞれ紹介していきますね~!♪

 

ネット婚活に疲れる人の特徴

結婚に焦りを感じている

完璧主義

結婚以外に幸せを見いだせない

自分に自信を持てない

周りに流されやすい

努力・頑張るのが好きなタイプ

長期間婚活を続けている

 

この7つの特徴のいずれかに該当していると、ネット婚活が疲れてしまいがちです。

不安や悩みを解決して、前向きにネット婚活を進められるように、特徴をしっかり把握しましょう!

結婚に焦りを感じている

そもそも、あなたが婚活を始めたきっかけを思い出してみてください。

人によってきっかけは様々だと思いますが、考えられるのは恐らく下記の通りです。

 

年齢的に婚活する時期だから(30代以降)

周りが結婚し始めたから

親や友達の干渉が激しいから

 

人によって様々ですが、本来結婚というのは義務ではありませんし、最悪しなくても良いものです。

ただし、自分の将来を長い目で考えると、ほとんど必須項目になってくるので、置かれている状況次第では焦りを感じる人も少なくありません。

 

特にアラサーで独身となると、将来性を考え始めるからかなり焦るわよね!

 

地元に帰れば、周りの友達がみんな結婚しており、気づいたら自分だけが独身という状況もありますし、両親から干渉されることもあるでしょう。

結婚したいと思っていても、相手がそもそも見つからなければ意味がありませんし、それを理由にネット婚活を始めるも玉砕してしまう人もいるはずです。

 

「結婚しないとヤバい」と思っていると、それが負担・焦りに変わってしまい、ネガティブ思考になるので、ネット婚活をしたところでうまくいかないのが現状です。

 

自分で作り上げた状況で、首を絞めて負担になっているということですね…

完璧主義

ネット婚活は、リアルの場で出会いが発展するのは、会ったときのみです。

そのため、ネット上でいかにやり取りをして自分の将来のパートナーを見つけるかということが重要になってきます。

 

あなたが、真面目な性格であり完璧主義者なら、妥協を一切許さないという一面からネット婚活に真剣になりすぎて疲れてしまうということも考えられます。

完璧主義者の場合は、失敗をしたくないという気持ちが先行しすぎて、ネット婚活に関する色々な知識を身に着けようとするでしょう。

 

ネットや本で恋愛ノウハウを勉強する

ネット婚活の指南書を読む

セミナーに参加する

 

これら以外にも、色々なことが考えられますが、正直ネット婚活はそこまで重くとらえる必要はありません。

気軽にマッチングして、やり取りをしつつ相手との波長が合えば会うという程度の使い方のほうが、気楽で負担になりませんよ!

 

それに、完璧主義者なら相手にも妥協を許さないから、ハイスペックな人とマッチングすることを目的にしがちよね…

 

自分の置かれている状況やスペックを把握した上での、高望みなら問題ありませんが、条件を高く設定しすぎると理想の相手に出会うことはできません。

完璧主義者すぎると、それが疲れに変わってしまい、ネット婚活から一時的に足を引いてしまうことも少なくないでしょう。

結婚以外に幸せを見いだせない

結婚というのは、確かに好きな人が生涯のパートナーになるわけですから、人生に一回あるかないかの幸せに満ち溢れます。

しかし、結婚だけが幸せだと思っている人は、ネット婚活が負担になってしまうことも少なくありません。

 

趣味や好みに没頭している時

好きなものを食べている時

ペットと時間を過ごしている時

 

上記以外にも、幸せの瞬間は多く存在しますが、ネット婚活に執着している人は、”結婚しないと幸せになれない”と思っている人が大半です。

”結婚すれば幸せになれる”と思っている人ほど、結婚への幸せに執着しすぎて、ガツガツした姿勢から男性陣にドン引きされることもあるようです。

 

出会いを求めて婚活しているのに、残酷な話ですよね…

 

結果的には、それが疲れに変わってしまい、婚活鬱になってしまうことも少なくありません。

自分に自信を持てない

ネット婚活に関してですが、多くの人とマッチングしてメッセージをして自分好みのパートナーを見つけることがほとんどです。

その際、順当に進んでいたのにも関わらず、相手から振られてしまうということはよくある話。

 

振られてしまえば”私は婚活に向いていない”と意気消沈してしまい、自分に自信が持てなくなってしまいます。

人によっては、”魅力がない、好きになってくれる人はいない”と相当なネガティブ思考になる人もいるとか。

 

落ち込んでいるだけじゃ、ネット婚活では成功しないわ!前に進まないと!

 

”今回の出会いは縁がなかった、仕方ない”という気持ちに切り替えられるなら問題ありませんが、いつまでも引きずってしまうようであれば、成功しません。

ペアーズを例に挙げると、1000万人以上の会員数がいる中で、7割が男性といわれています。
(アクティブ率は50%程度です)

 

つまり、ペアーズを利用しているアクティブユーザーは350万人以上いるということになります。

その中の一人に振られてしまっても、出会いはいくらでもあります。

 

 

実際に、私が婚活をしていた時のペアーズの画面ですが、開始して1日で40人弱とマッチングできました。

誰かに振られても、このようにチャンスがあるということなので、落ち込んでいる暇はありませんよ!

周りに流されやすい

ネット婚活が疲れやすい人の特徴として、周りに流されやすい性格というものがあります。

”30代で結婚していないと終わり”というのは、あくまでも世間の声であり、自分を持っている人なら気にせず自分のペースで婚活をするはずです。

 

周りからの評価を気にしてばかりいると、それに流されてしまい、自分のペースで婚活ができなくなってしまいます。

特に、世間体を考える人や価値観を重視する人からすると、婚活鬱になってしまう人も少なくないようです。

 

周りの声は参考にする程度にして、鵜呑みにするのはやめたほうがよさそうね!

 

結婚に対する固定概念というのは、あくまでも世間が決めているのであって、するのは自分自身なので軸はぶれないようにしましょう。

価値観がぶれてしまうと、下記の不安が生まれてしまいます。

 

どういう人が好きなのかわからない

最適な結婚相手を見つけられない

恋愛の仕方がわからない

 

自分自身で、婚活の手段を絞ってしまうので、結局どういう人を選べばいいかわからなくなってしまうのです。

結果、ネット婚活そのものが重くのしかかり、負担になってしまうという負のサイクルに陥るわけです。

努力・頑張るのが好きなタイプ

ネット婚活というのは、順当にいけば数か月でカップリングして結婚する人もいるようです。

当サイトでも紹介しているユーブライドですが、会員数の80%が5か月以内に成婚しているという結果があります。

 

 

ただ、それまでに時間もかかりますし、労力や費用もかかってしまうので、気を張って利用していると、負担になることもあるようです。

実際に、数か月でカップリングするというのは運が良いだけであり、出会ったとしても”この人は私に合わない”と思った時点で、カップリングに至ることはありません。

 

相手に振られてしまった場合も、同様のことがいえるわね!

 

いろいろな人と出会っても、自分にとって波長が合わない相手なら意味がありませんし、時間やお金の無駄になってしまいます。

婚活だけに集中したいところですが、仕事をしながらアプリを利用していると、そういうわけにもいきませんよね。

 

多少なりとも努力をして頑張る人も多く、ネット婚活だけではなくそれ以外のことにも注力する人も多いようです。

 

エステに行って自分磨きをする

仕事を今以上に頑張る

花嫁修業に出る

 

全ては、ネット婚活で成功するために実践していることでも、一度にやりすぎてしまうと、それが負担になり疲れが溜まることも多いようです。

長期間婚活を続けている

多くの人がネット婚活をしていると思いますが、数か月から1年ほど続けているならまだ意欲もあると思いますが、それ以上になると負担になります。

中には、2年以上ネット婚活を継続している人もいるというのも現状であり、続ければ続けるほど婚活鬱になってしまう人が多いようです。

 

出会えても結婚につながらなければ、メンタルがやられるだけですからね…

 

仮に、今のあなたが1年以上ネット婚活をしているなら、負担になっている可能性があるということです。

「すぐに出会いが見つかるわけない」という人もいると思いますが、波長さえ合えば数か月で結婚する人もいるので、期間は関係ありません。

 

男性に比べると、女性は精神的に抱える負担が大きいと科学で証明されており、ストレス耐性が弱い生き物とされています。

つまり、ネット婚活の期間が長ければ長いほど、ストレスをため込む傾向にあるので、婚活をしても自分の首を絞めていることに変わりはありません。

 

結果として、それが疲れにつながってしまいますし、婚活鬱になってしまうわけです。

ネット婚活に疲れる前にできる7つの対策

ネット婚活をしていると、婚活鬱になってしまう人もいて、今婚活をしている人でも”そんな深刻なことにはならないよ”と思うかもしれません。

しかし、その慢心こそが婚活鬱を引き起こしてしまう可能性につながるので、事前に対策をしておくことが重要です!

 

仮に、婚活鬱になってしまうと、ネガティブ思考にばかりなってしまいますし、婚活だけではなく日常生活にも支障が出るくらい深刻なものになります。

 

婚活鬱の対策

相手を一人に絞らない

失敗を次につなげる

恋愛スイッチを切る

自分のスペックに合った人を選ぶ

ストレスを感じないようにする

固定概念を持たないこと

周りとの比較は控える

 

この7つを対策を行えば、無理なく婚活を続けることができますし、失敗する可能性もなくなります。

相手を一人に絞らない

まず、婚活をするときの基本ですが、相手を一人に絞らないようにしましょう。

当然、お付き合いをしたら一人に絞ることが重要ですが、付き合う前なら複数人とデートしようが、遊びに行こうが関係ありません。

 

罪な女だと思われても、考えを変えれば出会いの幅を広げている証拠よ!

 

一途になるのは良いことですが、複数人と知り合ってそこから絞って一途になるというのが、最も理想的です。

”この人しかいない!”と執着しすぎてしまうと、本来出会うべき相手と出会えなくなってしまいますよ!

 

仮に、あなたが付き合う前から一人に執着していても、相手は複数人の女性をキープして婚活対象を選んでいる可能性も考えられます。

あなたもその中の一人ということを自覚しなければなりません。

 

本交際に至るまでは時間もかかりますが、それまでは視野を広げて多くの人と出会って、自分の価値観を広げることが重要です。

豊富な男性から一人を選ぶと、”私ってモテてるかも!♪”という気持ちになれて、清々しいですよ~!♡

失敗を次につなげる

ネット婚活を続けていれば、どこかで失敗してしまうことがあります。
(例:振られた、相手選びを間違えた等)

この場合、メンタルが弱い人なら自分を責めてしまうこともあり、失敗から立ち直れないということも少なくありません。

 

失敗したからといって、自分を責める必要は一切ありませんし、落ち込む必要もないので安心しましょう。

失敗というのは、次につなげられるステップであり、引きずってしまうと婚活鬱の原因になりますよ!

 

振られた:次の人につなげよう

相手選びを間違えた:他にもいい男性がいるかもしれない

 

ポジティブに考えれば負担になることもありませんし、失敗したとしても単に縁がなかっただけですからね。

悩む時間があれば、新しい出会いに前向きに進んだほうが効率も良いでしょう。

恋愛スイッチを切る

ネット婚活が時期の問題もあり、うまくいかない時期はとことんうまくいきませんし、運気が低下しているということです。

その時に、無理やり婚活を続けても意味がありませんし、その時は一度恋愛スイッチを切ると良いでしょう。

 

そもそも、恋愛脳の人は婚活に向いておらず、”好きになれる相手を見つける”だけでは、良い出会いに恵まれないことに気づきましょう。

婚活で重要なのは、”将来を考えられる相手を見つけること”です。

 

失敗しても、仕方ないと思う気持ちが重要よね!

 

仮に、婚活をして交際につながったとしても、結婚を前提に付き合うまでは”付き合えてラッキー”くらいの感覚でいましょう。

その場合、振られた時もメンタルはやられませんし、仕方ないという気持ちで次に切り替えることができますよ!

 

あなたがすべきなのは、”恋愛”ではなく”婚活”です。

その辺をはき違えると、大きな失敗につながってしまいますし、まだ相手を見つけられていない人は恋愛スイッチをオフにすることから始めましょう。

自分のスペックに合った人を選ぶ

ネット婚活をしていると、様々なスペックの人を見ることができますし、検索条件次第ではハイスペックな男性も表示されます。

そういう男性を見て、”こういう人と結婚したいな~”と思うのは勝手ですが、ガチで狙うのはやめましょう。
※自分のスペックに合っていない場合は

 

ネット婚活で失敗する女性例

理想が高すぎる

スペックに合った人を狙っていない

自分のことしか考えていない

 

私の知り合いでいるのは、「年収は1,000万円以上で安定した人限定」という残念な人ですね。

理想を掲げるのは良いですが、その女性のスペックは地方の工場に勤めるパート従業員です。

 

それはあり得ないわね…笑 まさに身の程知らずというところよ!笑

 

前述したとおり、婚活では妥協点も重要になってきますし、ハイスペックな人はハイスペックな人としか釣り合いません。

釣り合うとしても、おとぎ話のシンデレラの世界だけでしょう。笑

 

そのため、婚活鬱にならないためにも、高望みすることなく”自分にとってギリ条件が合う人”をチョイスすることが重要です!

ストレスを感じないようにする

ネット婚活をしていると、どうしてもそれがストレスになってしまうことがあります。

ストレスが蓄積すると、婚活鬱になってしまうので、仮にネット婚活をする場合は楽しむようにしましょう。

 

要は、気持ちを切り替えるかどうかが重要なポイントなので、普段の婚活の意識を変えると負担も少なくなります。

”婚活アプリを開くのが憂鬱”という感情になっているなら、”今日こそいい男が見つかるかもしれない♪”という感情に切り替えましょう。

 

こうすれば、毎日の婚活が楽しくなりそうね!イケメンからいいねが来たら舞い上がってしまいそう!♡笑

 

条件に沿った相手が見つからなくても、今は見つからないだけであり、運命の人なんてそんなに簡単に見つかるわけではありません。

見つかったときこそ、婚活が楽しめるようになるので、それまでは我慢することが重要です!

固定概念を持たないこと

婚活をするときに、自分自身の首を絞めてしまう原因になるのが、固定概念を持つということです。

”30代に結婚しないと死ぬ””生涯独身は社会の恥”等と思っている人もいて、そういう感情こそが婚活を焦らせてしまいます。

 

固定概念をもとに婚活をすると、失敗したときに自分を大きく責めてしまうことになるので注意したいところです。

何事も楽しんで婚活ができるように、固定概念を持つとしても最低の条件くらいでとどめておきましょう。

 

自分よりも年上・年下がいい

優しければいい

 

このくらいの条件なら、だれでも該当しますし、とりあえずマッチングしてあとはやり取りして波長を確かめるだけでよいでしょう。

何事も焦らずにゆっくり婚活を進めることで、失敗したときに負担になりません。

周りとの比較は控える

婚活鬱を引き起こしてしまう人は、周りの人と比較してしまい自分にひどい劣等感を感じてしまうことが原因として挙げられます。

それが自分の親しい友達でも、婚活中に知り合った同性の友達でも変わらず、婚活を成功したエピソードを聞くと落ち込んでしまう人も少なくありません。

 

焦りを感じるとともに、自分が結婚できていないということに劣等感を感じるわけですね…

 

当然、人には人の庭がありますし、あなたにもあなたの庭があります。

婚活に成功したからといって、自分を比べても良い方向には進まないので、自分の信念をもって婚活を続けましょう。

 

”周りは結婚しているのに自分だけ…”と思うのは、婚活をしていると誰もが感じてしまうことです。

何事も比較するということは、少しでも優位性を感じたいからです。

 

ネット婚活は特に、周りのサポートなしに実践することが多いので、”人は人、自分は自分”という考えを忘れないようにしましょう。

ネット婚活に疲れた人が実践すべき5つの解消法

最後に、ネット婚活をしていて疲れたという人が実践すべき解消法について解説していきたいと思います!

婚活に疲れているときは、何をしてもうまくいきませんし、婚活アプリを利用したところで出会いに発展することはありません。

 

まずは、疲れを解消してから、ネット婚活を進めるようにしましょう。

 

利用したことがない機能を利用する

ネット婚活以外も視野に入れる

自分に負担にならない程度とやり取りする

婚活を小休止する

婚活相談パートナーを見つける

 

この5つの解消法を実践すれば、婚活鬱になることもありませんし、疲れも癒してリフレッシュすることができます!

婚活を重くとらえている人もいますが、気軽な出会いを求める場として利用すれば気持ちも楽になりますよ!

利用したことがない機能を利用する

ネット婚活に疲れた時は、一度自分が利用している婚活アプリを見直して、利用したことがないコンテンツを探してみましょう。

本来、”いいね、マッチング、メッセージ”等、会うためのツールしか使わないなら、別のコンテンツにも視野を向けてみると、気持ちも楽になりますよ!

 

ユーブライドを例に挙げると、”婚活応援”というコンテンツが存在します。

 

 

このコンテンツは、ユーブライドで婚活をしている男女のために、有益なコンテンツを発信しているものになります。

書かれている内容は様々であり、下記のメインコンテンツが存在します。

 

利用者の体験談

実際に成婚した人のレポート

婚活に必要なノウハウ

ネット婚活でマッチング率・返信率を高める方法

 

少し婚活に疲れてきたなら、婚活アプリをメインで使うことは控え、このようなコンテンツを利用して小休止を挟みましょう。

あるいは、登録して初期段階に作ったプロフィールを見直して、作りこむというのも方法の一つです!

 

プロフィールは婚活アプリで顔になる部分なので、しっかり作りこんでおきたいものですね!

ネット婚活以外も視野に入れる

ネット婚活以外にも、婚活サービスは非常に多く存在しており、別の婚活サービスを使うというのも一つの方法です。

色々併用しながらしている人なら問題ありませんが、ネット婚活だけに絞っている人なら、別のサービスも視野に入れると婚活の幅が広がります。

 

そもそもネット婚活と、リアルの婚活は目的は同じですが、方法が一切異なります。

ネット婚活ではメッセージを続けて、波長が合えば会うという仕組みですが、リアルな婚活は会ってから相手を確かめるというもの。

 

最初から相手に会えるなら、そこで運命の人が見つかるかもね!

 

手段や料金は様々ですが、基本的には女性は安い料金でイベント参加できるものがほとんどです。

 

ネット婚活以外のサービス

街コン・合コン

婚活パーティ

お見合い

 

気軽に出会うことができるものから、ガチで婚活ができるようなものまで様々です。

以前、街コンや合コンを利用していて、婚活アプリを始めた人でも息抜きの一つとして参加してみるのも一つの方法です!

 

直接男性と会えば、それがモチベーションにもつながりますし、刺激になります。

中には、婚活を共にできるような同性の婚活仲間もできることがあるので、一度参加してみると良いでしょう。

 

 

パーティの内容にもよりますが、大規模のパーティも開催されており、女性の料金は平均で1,500円~2,000円程度。

金銭的な負担にもなりませんし、気軽に参加する程度には十分なサービスといえるでしょう。

自分に負担にならない程度とやり取りする

ネット婚活をしている人は、複数の人とやり取りをすることになると思いますが、やり取りしている人数が多いと負担になってしまいます。

人を選ぶというのも良いですが、デートややり取りを複数人と繰り返していると、肉体的にも精神的にもストレスになる可能性があります!

 

いつしか、プライベートに割く時間も無くなり、結局疲れが蓄積してしまい婚活鬱を引き起こしてしまう可能性も!

 

せっかく出会いを見つけるために婚活をしているのに、それは勿体なさすぎますね…

 

また、複数の男性とやり取りしすぎてしまうと、あなたにとって魅力的な男性が見つかったとしても、しっかりとした対応ができなくなってしまいます。
(例:雑になる、短文で送ってしまう等)

そうならないためにも、やり取りする際は自分が無理ない程度に変身できる上限を決め、メッセージを送ることをオススメします!

婚活を小休止する

ネット婚活が原因で、ストレスにつながってしまう場合は、一度婚活を小休止することも方法の一つです。

婚活のスパンを1年で考えているなら、365日婚活をする必要はなく、1週間~1か月程度の小休止を挟んで再開しても差し支えはありません。

 

ただし、3か月以上休んでしまうと、ブランクになってしまい出会い方を忘れてしまう可能性もあるので要注意!

婚活休みの期間は、あくまでも1か月を目安にすると良いでしょう。

 

何事も休憩しながらするのが一番よね!

 

婚活を休止している期間中は、下記のことに没頭するとリフレッシュすることができますよ~!♪

 

趣味に没頭する

資格を取ってみる

好みを開拓してみる

 

要は自分磨きをすることで、婚活のことを忘れて、自分自身のモチベーションを高めることができます。

何も考えずに趣味等に没頭すれば、婚活を再開したときに武器になることもありますし、休止期間は無駄になりません!

 

趣味を新規開拓すれば、それをきっかけに出会いが見つかることもありますし、婚活をして無駄な時間を過ごすくらいなら、自分磨きに時間を当てましょう!

 

気持ちをリフレッシュできれば、婚活を再開したときもスムーズですよ~!

婚活相談パートナーを見つける

婚活をしているということは、恥ずかしいことでもありませんし、周りに隠すことではありません。

しかし、日本では結婚にガツガツしている人を軽視する傾向がありますし、中々周りにアピールできない人も少なくありません。

 

”極力周りに知られたくない”という気持ちもわかりますが、ネット婚活は特にストレスが溜まりますし、相談や悩みを聞いてくれるようなパートナーを探すのも一つの方法です。

人の出会いというのは、自分だけでは解消できないものもあり、学生時代に恋愛相談を友達にしたように、婚活の相談もしてみると良いでしょう!

 

婚活をして疲れているなら、愚痴や相談くらいはしてもいいわよね!

 

婚活の悩み事というのは、最良のパートナーを見つけて結婚するまで尽きないのがほとんどです。

ストレス解消をするという意味でも、相談相手を見つけるのは必須ですよ~!

 

相談相手の見つけ方

街コン・パーティで知り合う

仲いい友達に相談する

職場の同僚・上司に相談する

 

見つける手段は様々ですが、相談というのは自分の境遇を理解してくれる人に限るので、ベストは街コンやパーティに参加している人ですね!

そうすると、良きライバルにもなりますし、お互いの婚活意識を高めることができるパートナーにもすることができるので、メリットしかありません!

 

お互い相談をして愚痴を言い合えるような関係が理想なので、余裕がある人は探してみると良いでしょう!

まとめ:ネット婚活は自分のペースで程々に!

ネット婚活をしていて疲れる人の原因や解消法について解説しましたが、一番はストレスを抱え込むことです。

それが蓄積してしまうと、婚活鬱を引き起こしてしまう可能性もありますし、注意したいところ。

 

あなたが婚活をしているときに、少しでも”疲れた、休みたい”と思っているなら、潔くリフレッシュするという意味でも、小休止することをオススメします!

リフレッシュ期間中は、自分磨きに没頭することで、婚活を再開したときにパワーアップして臨むことができます!

 

婚活は何かと負担になることもあるので、周りに相談することも忘れずに!

 

婚活だけに執着するのではなく、友人関係や仕事面でも充実させて、自分のペースで進めることが成功の近道です!

-全記事一覧

error: コピー不可

Copyright© アラサーの崖っぷちネット婚活列伝! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.